東部地域の葬儀の特徴

  • 通夜後は「通夜振る舞い」といって、弔問の方にも飲食を遺族、親族と一緒にして故人を偲んでいただく地域があります。近年は飲食の代わりに喪主から「通夜振る舞い」としてお茶缶や菓子など配られます。
  • 香典の金額による返礼品は忌明け後の「後返し」の地域がほとんどです。また、香典返しを渡す風習もないところがあります。
  • 葬儀終了後は三日開蓮忌、初七日法要を執り行うのが一般的ですが、寺院によって四十九日までを葬儀後に執り行い、納骨まで済ませることがあります。
  • 「縁切り餅」といって故人を偲びながら今生の人々と別れ、あの世への旅立ちをしてもらう為の餅が、法要の席や精進落としの席で配られ、参列者は一切れずつ食べて故人の冥福を祈ります。
  • 自宅から出棺する時に玄関の両脇にアーチ型に作った門(仮門)から柩を出します。死者が再び自宅に舞い戻らないようにするためです。
  • 柩への「お別れ花」(納棺花)や「釘打ち」を火葬場で行なう地域があります。

【地域】
熱海市・伊東市・東伊豆・河津・南伊豆・下田・松崎・西伊豆・伊豆市・伊豆の国市・函南・清水・三島市・裾野市・長泉・沼津・富士市・富士宮市・芝川