西部地域の葬儀の特徴

  • 香典の金額による返礼品はほとんどが当日返しの地域です。
  • 受付には香典を受け取る「香典箱」の用意があります。「香典箱」には『親族』・『一般』・『招客』と明記してあり、会葬者はそれぞれ該当する箱に香典を入れる。
  • 他の地区に比べると通夜への弔問人数より、本葬儀への会葬者の人数が多い特色があります。
  • 通夜は祭壇前の布団に安置し、故人を寝かせたまま執り行う地域もまだあります。通夜式後、遺族だけで納棺します。
  • 一部の地域では葬列のしきたりが残っていて、当日納骨する時には墓地へ行く前に遺族、親族は葬列を組み中央ではで竹竿の先に竹を編んだ籠が取り付けられた花籠を振って「撒き銭」をします。花籠は2本で1対です。こうしたしきたりは仏教の上では「功徳を積む」ことと同じ意味があるそうです。
  • 土葬の風習が限られたごく一部では残っており、葬儀が終わると葬列を組みながら墓地へ向かい柩を納めます。柩大の穴掘りは「隣組」の組長が主となり組内の皆さんの結束が強い土地柄でもあります

【地域】
御前崎市・菊川市・磐田市・袋井市・掛川市・浜松市・三ケ日・湖西市・新居